お葬式の流れと参列者のマナーについて

それではまず一般的なお葬式の流れについて確認してみましょう。お葬式の形式には様々な変化が見られますが、多くの場合、お通夜から葬儀告別式、火葬という流れをたどります。お通夜は、故人の親族や近親者、親しくしていた友人などが集まり、亡くなった方の冥福を祈るために執り行われます。お通夜では僧侶の読経が行われ、参列者が故人と親しかった順に焼香をしていきます。通常火葬が行われる前日の夜に執り行われる儀式となっています。

そしてお通夜の翌日に行われる葬儀告別式は、葬儀は宗教的な儀式、告別式は社会的儀式と、本来は別々のものとして捉えられてきました。しかし、現在では二つを連続して行うため、一連の流れをお葬式と呼ぶ形へとなっています。

葬儀に参列する場合にはきちんとしたマナーを守ることが大切です。服装は正式礼装よりも下の準礼装にあたるものを、仏教での葬儀の場合は数珠を持参することも忘れてはいけません。香典を渡すことも重要なマナーの一つとなっています。大切な人との最後のお別れの場であり、悲しみにくれている親族への感情も考慮すると、参列者の方たちがきちんとマナーを守って参列をすることはとても重要だと言えるでしょう。

お葬式は火葬場の空き状況や、友引にはお葬式を行わないという日本の言い伝えを考慮して日程が決定します。急なことで参列がかなわない場合などは、失礼のないよう事前に知らせておくことも頭に入れておかなければなりません。全ての儀式に共通して言えることは、故人を見送る大切なもの、最後の別れの場であり感謝の気持ちや悲しみの思いをはき出す場だということです。