参列者の人数が決め手にも。各種お葬式のメリット・デメリットとは

ここでは現在に至るまで、様々な時代においてお葬式の主流であった一般葬について考えてみましょう。先ほども少し述べたように、一般葬とはお通夜や告別式など一連の儀式が行われるのはもちろんのこと、参列者に関しても故人と関係の深さには関係なく広い範囲の人が集まる形式のものです。そのメリットはやはり故人が亡くなったことを一度で多くの方に知ってもらうことができることです。また、それぞれがお別れの場を得ることができるといった点も挙げられます。しかしその一方で、親族や本当に親しかった人たちが落ち着いてお別れができない、というようなデメリットがあるのも事実です。そして参列者の人数に比例して返礼品やお食事等の準備品も変化するので、人数が増えれば増えるほどお葬式にかかる費用も膨らんでしまうといったデメリットもあります。

このデメリットをカバーし、近年増加傾向にあるのが家族葬です。家族葬のメリットは、故人との思い出に浸りながらゆっくりとした落ち着いた雰囲気の中で儀式が執り行われることや、費用も比較的少なくてすむといった点です。参列者の数も少ないため、出迎えや挨拶といった必要以上の社交辞令の必要もなく、本当の意味でのお別れを可能にしてくれます。

家族葬は近年急激に増加してきましたが、その背景には核家族の増加など、家族の形の変化や少子化問題、高齢化社会などの社会問題が表面化したことも要因として考えられています。そして生まれてから亡くなるまでの長い人生を同じ場所で過ごしてきた昔と違い、現在は様々な要因により一生同じ場所で過ごす人が少ないため、地域社会との薄れも家族葬が増加している要因の一つとなっています。加えて地域社会との薄れも家族葬が増加している要因とされています。